不妊治療の実態と子育ての心構え

女性の妊娠適齢期は何歳?

最終的には、やはり妊娠ということになってしまいますと、男性よりも、女性の妊娠適齢期といったものがまず問題になってまいります。そこで医学的に出産が可能といわれるのは、一体何時までと言われているのでしょうか?またその場合に不妊治療を受けるタイミングとしてはどのくらいの年代となるのでしょうか?


不妊治療を受けるタイミング及び年齢は?

 

一昔前でしたら、20代の健康的なカップルで1年間避妊をしないで性交渉を行った場合でしたら、1年以内に妊娠する確率は実に90%ともいわれております。2年以内には95%の確率で妊娠可能といわれておりますので、2年を過ぎて妊娠できないといった場合でしたら、そこで不妊症を疑って不妊検査を受けるのが一般的です。


しかし、近年においては晩婚化の影響を受けまして、1年を過ぎて妊娠しない場合でしたら、不妊検査を受けるといったことが推奨されております。基本的には、30代に入りますと妊娠できる確率といったものは徐々に減少しまして、35歳を過ぎてきますと、さらにその確率は低くなってしまうからなのです。そのため、30代で初めて妊娠を目指すような場合でしたら、できるだけ早めに不妊検査は受けたほうがよいとされております。


不妊治療の開始が遅れてしまったため、妊娠の可能性が低下してしまうといったことも多くございます。早い時期より、夫婦にて不妊治療をするかどうかについてきちんと話し合うことをお勧めします。 


合わせて読みたい参照記事:海外の提携クリニック – サンディエゴ提携先クリニックの特徴