不妊治療の実態と子育ての心構え

不妊症に悩んでいるカップルは増加傾向にあります

不妊症に悩むといったようなカップルや夫婦の数は、日本では年々増加しております。避妊を辞めたしまったら、すぐに子供ができると思っていたのにと、不妊に悩むことといったことには考えてもいなかったような人々も多くおります。そんな不妊症といったものに悩むカップルに向けて、妊娠をサポートしてくれるのが「不妊治療」です。不妊治療を現在受けているカップルの数は、厚生労働省の資料によりますと、平成12年の時点で既に46万人を超えており、今もさらに増加傾向となっております。ただし、日本においてはまだまだ不妊治療の認知度といったものは低いのが現実となっております。


不妊治療とは?

 

子供を望んでいる健康的なカップルが避妊をしないで性交渉を一定期間続けていても妊娠に至らないといった場合には、一般的に「不妊症」と診断されます。「不妊治療」とは、この不妊症に至っているカップルのため、薬や高度生殖医療技術を通じまして、妊娠の手助けをしてあげる主として医療行為のことを指しております。
もちろん医療行為だけでなくても、個人的に例えばサプリメントを摂取するとか、基礎体温を付けて、そのタイミングに併せて妊娠できるようにするといった自助努力についても、妊娠できない状態を解決するために努力していることも不妊治療と言うこともできます。
ただし、「治療」という名称を考えますと、医療機関に掛かってアドバイスや具体的な治療や手術を行ってといった行為のほうが、日本では一般的に「不妊治療」と呼ばれることが多いですね。
なお、日本においては、この不妊治療で医療機関に掛かった場合であっても、保険適用にはなりません。自由診療の範疇に当たるからです。医療機関に掛かって不妊治療を行う場合には、助成金等各市町村等の保険適用課への申請によって補助が出ることもあります。もし、現状において医療機関で不妊治療に当たっている方は、その点について自分が該当するかどうかは、きちんと確認してみる必要があると思います。


卵子提供のエージェント情報:卵子ドナー・卵子提供プログラムのF-vision


ここでは、この不妊治療について、検査方法、治療を始めるタイミング、及び費用や期間、そして不妊治療に取り組むにあたっての心構えといったものをまとめております。


不妊治療に悩める方にとって少しでもご参考になれば嬉しいです。


Pick-Up Topics

「人工授精」の方法や費用は?

 

人工授精(英語略称表記ではAIHやAIDとも言われます)とは、男性側に勃起不全、射精障害、乏精子症、精子無力症などといった不妊の原因が認められるような場合に、直接子宮内に精子を送り届け妊娠をサポートするといった方法になります。また、一般不妊治療で妊娠ができなかったような場合に、その次の治療法としまして選択されることが多いです。


「「人工授精」の方法や費用は?」の続きはこちら


幼児期の子供は大きく成長します

 

特に幼児期の子供たちは、のびのびと、自由に色々なことに挑戦していく時期となります。どんどんできるようなことが増えて、たくさん走れるようになって、世界はどんどん広がって、なんでもやってみたくなってたまらないといったように見えます。


そうしたら、できるだけ自由に遊ばせてあげるようにしてください。もちろん、命の危険があったり、人に危害を加えてしまったり、公共のルールを守らないといった時は教えなければいけません。


「幼児期の子供は大きく成長します」の続きはこちら


「体外受精」「顕微授精」の方法や費用、その他不妊治療の留意事項

 

一般不妊治療や人工授精でも妊娠できなかった場合や、最初から男性側と女性側それぞれに不妊の原因があり、人工授精までの治療では妊娠が困難だとわかってるような場合には、「体外受精」や「顕微授精」といった不妊治療が施されます。


「「体外受精」「顕微授精」の方法や費用、その他不妊治療の留意事項」の続きはこちら