訪問介護というのは?

 

訪問介護というのは?

訪問介護というのは、ホームヘルパーや介護福祉士などが介護を受ける人の自宅に訪問して、食事の世話やお風呂の世話や、排泄の世話などを行うサービスのことで、介護を受ける本人だけではなく、その家族にとってもとてもありがたいサービスです。


介護が必要にならいうちは一人暮らしを選択することもできますが、介護が必要になってしまうと、施設への入所も考えなければいけなくなります。


もちろん家族がサポートできるならいいのですが、ほとんどの人は仕事をしなければ生きてはいけないので、特に24時間介護が必要な場合は、自宅で簡単に面倒を見てあげることは難しくなります。


またこれまで長年住んできた自宅を離れるということは、高齢者にとってはかなり大きなストレスになるようで、そのため施設への入所をかたくなに拒む人もたくさんいます。


施設へ入所しても、そこの環境に対応できないという人も少なくはなく、自宅に戻ってくるというケースも見られます。


介護は一緒に暮らす家族には大きな負担

介護は一緒に暮らす家族には大きな負担になり、今まで平穏に暮らしてきた家族に亀裂が入ってしまうことも少なくはありません。


介護を受けているよりも、介護をしている方が肉体的にも精神的にも耐えられなくなり、病気になったり最悪自殺をするという事件もあります。


そのようなことにならないためにも、訪問介護を利用することがおすすめで、訪問介護を上手に利用することで、利用者の精神的ストレスも、家族のいろいろなストレスも解消することができるようになります。


訪問介護を利用するにはもちろん費用はかかりますが、施設に入所するよりも費用面で安くできると言われていて、利用頻度を考えることで、予算の中でやりくりができることになります。


寂しい一人暮らしのストレス解消にも

また家族と住んでいる高齢者だけではなく、一人暮らしの人の場合も、訪問介護を利用することにはいろいろなメリットがあり、家事の負担を軽減させることもできるし、寂しい一人暮らしのストレスを解消できることにもなります。


訪問介護を利用している人の中には、定期的にヘルパーさんが来てくれることを何よりも楽しみにしている人もたくさんいて、それがあるから楽しく生きていけるという人も少なくはないようです。


また一人暮らしの高齢者を持つ家族も、健康状態や安否を確認できるということで、訪問介護はいろいろな人たちの頼りになっているサービスです。


 
コンテンツ